フリーランスエンジニアはリスク回避が大事

世の中にコンピューターが登場してインターネットが広がっていき、暮らしにこれらは必要不可欠なものとなりました。それだけに回線の安定性や安全度を高めるのが重要になってきて、メンテナンスやトラブルシューターとしてエンジニアが必要になります。
これを受けてフリーランスエンジニアとして活躍する人も増えていますが、実はこの職はイメージと現実に大きなギャップがあって、事前に知っておくことが必要になるでしょう。

一般的にエンジニアに限らず技術職というのは一人で黙々と作業をするといったイメージがあって、間違いではありませんが、すべてでもないです。技術を提供するのはもちろんのこと、クライアントやユーザーに対して分かりやすく説明する必要がありますし、常に進化していく技術に対応するため勉強も欠かせないものとなります。それゆえ時間が足りない、寝不足といった人も多く、またフリーランスの場合は病気や怪我に備えることも重要です。そのため健康保険の加入が求められますし、働けばそれだけ収入につながりますが、ボーナスや賞与がないので得か損かわからない状態であると言えるでしょう。

フリーランスの場合は仕事を受注してくる能力も必要となり、ただ技術や知識があるだけでは収入につながりません。一般的なイメージとギャップがあるのはどの職業でも同じですが、事前にある程度仕事内容を知っておいて、自分で行えるかを考えることも大事な要素になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です